2010年04月23日

ゆうやけにゃんにゃんボーイズ!春スペ!

img008.jpg

ゆうやけにゃんにゃんの春スペ行います!
いい季節、いい酒、いい出会い!
今年、お花見を味わえなかった私には唯一のお花見です。

ゴールデンウィークの前日ということで、強豪がひしめく中での、開催ですがw
必ず、楽しませます!w

毎度のように、浴びるようにお酒を飲みましょう♪

死ぬまで行くぜ=

YOU・YAKE・NYAN2
〜ゆーやけニャンニャン〜

2010.4/28(WED.before holiday)
@OATH
http://bar-oath.com/venue/
entrance free(1st drink:1000yen)

■GUEST DJs
FRAN-KEY
MUTRON
GROSS DRESSER

■HOST
YOU KOBAYASHI
YAKENOHARA

■ART
NYAAA(NA2ME+AYAKO HISHINUMA)

posted by na2me at 06:54| Comment(13) | TrackBack(0) | NEWS&WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日々3

大阪に行って、トークショウをしてきました♪

辺口芳典aka阿部かうちが、此花区に黒目画廊というギャラリーを立ち上げ、毎週、金曜、土曜、日曜とトークショウやライブを開催しております。

そこに参戦して来たのです。

黒目画廊は、築うん中年の、長屋の2階を貸し切り、すべての部屋を展示するという、脅威の空間。

とても、懐かしく、とてもいい空間でした。
展示もかなりすごかったです。

更に、毎回繰り広げられる、リアルで、生々しいトークは、なぜか、今のアートや音楽シーンにはない、とても新鮮で、ハッとさせられるトークばかりです。
こんな、大阪の辺境地でも、戦い続ける辺口芳典とその仲間の勇士。
とても勇気づけられました。

何もできないという前に、できることから大きなところへと向かって行くという姿勢。

みんな、忘れてるよね。

だからこそ、このトークから目を離さないでほしい。


大阪に来たら、毎週のトークショウを見に行くべき!
私も、一升瓶を片手に好き勝手しゃべっていますw
トークショウや、演奏は、毎週YOU TUBEにUPされるので、要チェック。

まるで、昭和のトキワ荘

http://kuromegarou.seesaa.net/


776194.jpg

DSC01302.JPG




posted by na2me at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | VIEW POINT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

日々2

b0121711_1344452.jpg

b0121711_135880.jpg

私の弟。(うそ

ヌケメちゃんの帽子が飛ぶように売れているらしい。
私もお気に入りだが、メンズなのだ!

これ被ってる人に会うと、興奮するW

言葉のバリエーションが多くて衝撃。
外人に被ってほしい。

彼の作る洋服や、帽子、写真はどことなく懐かしく、斬新で、せつない。
彼の作品の世界観と、彼の性格のまじめさとハジケタカラオケが好きだ。

ここで、買えるよ→→→

public image 3D

http://nukeme.exblog.jp/i7/
posted by na2me at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | VIEW POINT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日々1

1439508338_169.jpg

1439508338_153.jpg

展覧会も一息です。

インタビューしていただいた記事をまとめますw

まず、パブリックイメージでの、私と辺口君のもの。

NA2ME
http://www.public-image.org/interview/2010/03/10/na2me.html

辺口芳典
http://www.public-image.org/interview/2010/03/12/yoshinori-henguchi.html

展覧会の風景
http://public-image.org/3d/?p=19

個展の様子は、また、写真あげますが新作がたくさんあって、満足しています。

インタビューを振り返って思うこと。

私はなぜ、憂鬱な女を描くのか?
そして、許す女と言われるのか?

あの過激な言葉が飛び交うインタビューで伝わりきらないことがある。

私は、壊れて行く女を見るのが好きだ。
しかし、誰しもが大人になるにつれ、社会との関わりを取る中で、自らをどこかで犠牲にし、大なり小なり壊れて行く物だと思っている。

女だけではないのだ。

しかしながら、女が壊れて行くのがなぜ美しいかは、感情の生き物であることが大部分を占めている。
男は、きっと、社会との関わりが女よりも強く要求される生き物だ。
どこかで、防御線を張っているし、表に出そうとはしない。

ある女が、私は鬱病で、病院に行き、たまに息苦しくなると手首を切りますと、テレビの画面の中で訴えていた。

私は、なんて、楽観的な人間なのだろうとあっけらかんとした。
わざわざテレビに出てまで、私がかわいそうで病気を抱えて世界で一番かわいそうな女だと訴えているなんて。
そこまでの自覚があるのなら、なんとでもなるだろうに。

私は、そんな中途半端な女は相手にしない。

おまえには余裕があるのだろう。
だからテレビに出るんだよ。
絶対、死ねないな。

ブラウン管越しの女に、そう、直感で感じた。

私が見た女には、家がなかった。
公園で寝泊まりし、風俗で毎日、体を売っていた。

違う女は、満面の笑みで、都会のど真ん中でシャブを打ち、砂漠を見ながら、腕にはさみをブッ刺した。

また、違う女は、キラキラ光るきれいな石が欲しくて、1年中、24時間に3回も売春をし、家にも帰らず道ばたで食事を取っていた。

同じ顔の部分が、ズレると言って1年に3回も同じ場所を整形する女。

犬の散歩に行くといい、犬を抱いたまま放さないで家に帰ってくる女。

親の借金で、売られて来て、風俗で働きながら、男にも金を貢ぐ女。

男をだましすぎて、刺されて死んだ女。

テレビで見た女よりは、みんな行き過ぎた女たちだった。
そして、自分の人生に精一杯で、余裕などを考える時間もなかったのだ。

そこに、悩みはあっただろうが、迷いはなかった。
突き進み、誰にも止められず、最後の最後まで、自分を信じて疑わない女たち。

そんな女を、間近でずっと見て来た。

そんな女が、絶望的でもあり、美しいとも思った。
それは、のーふゅーちゃーって言葉だけではない、新しい新人種の幕開けなんだと。
それでも彼女たちは、毎日笑顔で生きている。
私よりも、もっと進化した女たちだ。
毎日そう思っていた。

私は、進化してないので、真似できない。
そう感じていた。

私は、そんな女たちに敬意を込めて、それでいいんだよと、つぶやいて来た。

だから、私は憂鬱な女を描き、許しを持って彼女たちの話を聞いた。
許すとはオコガマしい言葉で、聞かせていただいたと言った方が正しいのだ。
許容するという言葉が一番しっくりくる。
許容と、共存。

自分にない物を持っている人に強く惹かれる。

ただそれだけだったんだと思う。
この10年の作品たちは。

これから先の10年は、もっと大きな視点でいろんな作品を作ってみたい。

ありがとう。
美しい女たちよ。



posted by na2me at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | VIEW POINT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。