2005年05月31日

POGO

POGO.JPG


POGO
インターネットで絵を販売することになりました。
いつもお世話になっているPOGOさんです。

http://po-go.jp/

その関連で今月号のガーリーにも少し記事を載せてもらいました。

http://www.timemachinelabo.com/girlie/magazine.html
posted by na2me at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS&WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

pp hm

5.30.JPG
posted by na2me at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ART WORK aka BOREDOM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

pmp kmght

絵が下手すぎて死にそうだ。

朝起きたら客がなぜかひな祭りだからと持参してきた大人のおもちゃを犬がかじってた。
目覚め悪い。

お母さんが朝の10時から尋ねてきて、寝ぼけて出たら犬がかじってる物をじっと見つめていたんだけどぜんぜん触れてこなかった。

恐るべし天ボケ。

うちのお母さんはかなり天然。
そして、宗教家。
私は生まれた時からその宗教にどっぷり漬けられて生きてきたんだけど。

思春期になり、なんともかんともノイローゼになりそうだったので反骨精神で脱退した。

母は未だにそのことを根にもっていて何かあるたびに私にお参りを強制する。

お参りには行かないけれど。
いい加減、親孝行かもしれないと最近は好きにさせている。

勝手に相談事でお告げを聞きに行ったりお払いしたりしているようだ。
それで、私も何とか幸せらしい。

否定的ではないのだけれど、あんまり有り難味がない。
むしろ、思春期のノイローゼを思い出して恐怖心に駆られたりする。

でも、お母さんはいい人だし、命がけでやっていることだからどうしようもない。

もうすぐ東京に行くのでさらにいっそう最近はすごい勢いでお祈りしたり私に説明したりしてくる。

今日はそんな一日だった。
posted by na2me at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | VIEW POINT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

PRGL LKTG

昨日はジングに行ってきました。
初めてかなぁ。

ソエモン町の一番はじにあるクラブ。
いい感じのとこ。

久々にミナミをぶらぶらして懐かしさ満喫。
昔Yちゃんとボッタ食ったおっさんにも遭遇。

こらっ!!金払えー!!なんて追いかけられたが笑顔で逃走。

やっぱりミナミはええわぁ。

毎日毎日、梅田ですることもないので、ラーメン屋めぐりをしていた。
六日間食べ続け。
ついに、Kが切れた。

いつまでラーメン食べ続けるねん!!
ええ〜だってラーメン屋しか開いてないんやもん。

リーマンはラーメンが好きなんですね。


posted by na2me at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | VIEW POINT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

gyuhin re

どうもおは酔うございます。
今日の日記。

今日は怖い話をめちゃめちゃ聞きました。
でも、今回りにまとわりつく感じが嫌なのでもうしばらくしたら書きます。

なんだか梅田は遊びに行くところがあんまりなくて退屈。

昨日は久々にドッドドさんが家に遊びに来た。
彼女はとてもチャーミングでハードな人。
昔からの友達で音楽を作って活動している。

一人自作のへんてこな覆面をかぶってプレイする姿は最高にかっこいい。
音楽もブレイクコア?ちょいノイズ?よくわからんけど。
私はとても好きな感じ。

前に一度ぼったくりのスナックで一緒に働いたほど仲がよい。
のわりに連絡は半年に一度ほどなんやけど。

何かしら人の家のものを持って帰りたがる彼女。
昨日も何点か服をリュックにぎゅーぎゅー詰め込んでいた。

何かしらよく食べるし。
何かしらお金がなくて。
私の家のパンをかじってたりする彼女。

でも、何故かかわいらしくて憎めない。
なのに、私と同い年。

ええなぁ〜。
さいこうやなぁ〜。

うちのタヌキ犬と並ぶとよく似ている。
ぴったしや!

とにもかくにも私は彼女のCDをいっぱい詰め込んで東京に行くw

聞きたい人がいたら言ってください。
郵送します。
posted by na2me at 05:26| Comment(8) | TrackBack(0) | VIEW POINT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ff

9.1.JPG
posted by na2me at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ART WORK aka BOREDOM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002/7/abenosaijyo

04.JPG
posted by na2me at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Born Again | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005/5/16 午後の日

無題.bmp



まず始めに。
始まりはある日の午後。
とあるギャラリーで始まったお話。

それほどにも親しくない男が久しぶりに電話をかけてきた。
それは、昔、私が作っていた本に断片的でエキセントリックな文章を第六感で書いてくれていた男がかけてきた電話。
私は彼のことをそんなにもこんなにも知らない。
しかし、彼の文章は飽きるほどに知っている。

彼の説明をするのに生い立ちや身なりや年齢や好物や。
そんなものは必要としなかった。

そこにあるのは彼の文章と私の存在だけ。
それ以外に彼と私を繋ぐ関係は何もなかった。

一年も二年も月日はたつのにいっこうに彼と話す機会もなく。
すべてはその関係にのみ凝縮されていたと思う。

そしてまた月日は流れ約一年ぶりに再会した二人は初めて挨拶以外の言葉を交わした。
もしくは、他にも会話はあったのだけれども私が話したことをすべて覚えていなかったのかもしれない。

こうして二人はとりとめも鳴く互いにどうでもいい話を繰り返し。
うだうだと唸るような真っ赤な部屋でひっそりと酒を飲んだ。

こうしてすべてが始まったのか?
何のことはなく文通が始まったのだ。
彼はもしくは私以外の人とこうやって関係を結んでいるのかもしれない。
おそらく結んでいるのだろう。
どうやって結んでいるのだろう?
私に知る術はないのだけれど、私は私のやり方で彼との関係を結んでみようと思ったのだ。

始まる前に彼のことを知っていてほしかった。

彼の名前は阿部カウチ。

word stylist
第六感で感じる超感覚的な文章
比類なき無脊椎系ビート
デストロイミッドナイト

そんな肩書きで私の本に文章を書き下ろしてくれていた男。

私は彼のことが大好きだ。






擬似家族

レコードに針を落としたときのノイズ

脱 臼 す る リ ズ ム の音楽

母 親 は 椅 子 に 座 っ て

蘭 に ついての 本を 読んでいた

「せめて 父らしく 踊らしておくれ」

父親 は あからさま に 独学 の

タ ッ プ   を   踏 ん だ

長 女 は 水 槽 に 溺 れ て

長男 は 網で 引き 上げて いた

次女 が スワ ヒリ 語 講座 に

通  う  時  間  で

三女 は 赤い 靴 を はいていた

三女 の 赤い 靴 だ け が

四女 の 記憶 を 占領 した

作品集より一番好きな文章とフライヤーで使われていた彼のコラージュ作品を抜粋。

















2005年05月09日

2002/7 abenosaijyou nite

mineko.jpg
posted by na2me at 13:13| Comment(5) | TrackBack(0) | Born Again | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。